Topic

プレゼントや頂き物を整理する方法

たくさんのアクセサリー

家族やパートナー、友達や先輩などからもらったプレゼントや頂き物は、捨てにくくてクローゼットの肥やしになりがちです。
使わないとわかっていても、「もったいない」「捨てられないからとりあえず置いている」という人もいるのではないでしょうか。
そんな贈り物と向き合う方法と、うまく整理する方法について紹介します。

捨てにくいプレゼント

アクセサリー

彼や彼女からもらった思い出のアクセサリーは捨てにくいですよね。
ピアスや時計などファッションの一部になっている物は、付き合っていた人と別れたあとも使い続ける人は多いようです。ただ、お互いのイニシャルや記念日などが刻印されている物だと、別れてからも使用し続けるのは少し気が引けます。そのため、引き出しの奥で眠らせてしまうことに。プレゼントをするときに、その後のことは考えにくいのですが、結婚指輪や婚約指輪以外の場合は少し考えてみるといいかもしれません。

写真

学生時代の思い出の写真や、記念日に撮った写真など、年々増えてしまって置き場所がなくなったり引っ越しのタイミングでクローゼットの奥にしまわれたりしていませんか?記念の写真だから捨てられないという気持ちは誰しも同じですが、見えないところに置いていても無駄になってしまいます。
すべてを飾るのが難しくても1つ2つなら置く場所があるという場合は、写真をデータとして取り込み、タブレットやフォトフレームに入れて飾るのはいかがでしょうか。
場所は写真1枚分だけでいいですし、スライド機能をつけておけば過去の思い出を自動で振り返れます。

洋服やバッグなど

洋服はサイズが変わらない限り着続けられますが、着るたびにプレゼントしてくれた人の顔が浮かびます。忘れたい相手からのプレゼントの場合、少しずつ着なくなってしまいますよね。着ないけど捨てられない洋服やバッグは、クローゼットの肥やしです。そのまま放置してしまうと、虫が寄りつきやすくなったり、ぎゅうぎゅう詰め服の間にカビが繁殖しやすくなったりします。着ない服やバッグを残して、防虫剤や乾燥剤をつけるよりも、整理をしてしまったほうが気持ち的にも上向きになりますよ。

頂きただき物を捨てるための気持ちの持ち方

プレゼントしてくれた人の感情を受け取る

プレゼントをする人の気持ちになってみましょう。お祝いや記念日には、あなたに喜んでほしいと思ってプレゼントを選んでいます。
喜んでもらうために「物」を使って表現しているにすぎません。これがほしいと言っていたから選んだという場合もありますが、その中にも喜んでほしいという気持ちがあります。もらったプレゼントと相手の気持ちを分離して考えてみれば、大事なことが何なのかわかってくるでしょう。
喜んでほしいという気持ちに対してありがとうという気持ちを返すことで、物自体は壊れてしまったり不要になったりしたときに捨てやすくなりますよ。

「プレゼント」の本質を考える

感情を見極められたらその中にある本質を考えてみましょう。
例えば、先輩からおさがりでもらった物の場合、もともとは先輩のために生まれてきた物です。より長く使いたいという先輩の気持ちから、あなたにプレゼントされている可能性が高いでしょう。長持ちする物であれば、さらに後輩へ引き継ぐのもいいですが、破損や汚れなどで使えなくなってしまったら、そこで寿命だったと踏ん切りをつければいいのです。無意味に持ち続けることが正解ではなく、正しく本質を理解して使ってあげましょう。

商業商品に注意する

プレゼントの中には、商業商品の場合もあります。例えばバレンタインデーやクリスマスのプレゼントが商業商品です。イベントのタイミングになると、「バレンタインデーには、プレゼントを贈らなくてはいけない」という気持ちで贈られるプレゼントがあるので注意しましょう。感情は喜んでほしいと思っていても、本質はこのイベントだからプレゼントしなきゃという気持ちのため、その日がすぎれば不要な物になります。これはお花やお菓子などと同様で、賞味期限がすぎた物は放置せずに処分しましょう。

処分方法

捨てる

感情や本質を見極めたらあとはどう処分するのかですが、燃えるゴミや燃えないゴミに出すのが一番手っ取り早い方法です。
大きな物になれば、粗大ごみ処理用の申請をしなくてはいけない物もあります。コンビニやスーパーで簡単に処理券が購入できますので、捨てたい物に貼って指定曜日に出しましょう。
物によっては分別が面倒な物もあります。ガラス製品がついている場合は燃えないゴミやガラスゴミ、木製・布製品の場合は、燃えるゴミ、金・銀・シルバーなどのアクセサリーは燃えないゴミや金属ゴミになります。物によってはパーツごとに取り外せない物もありますが、やすりなどで削ると取れやすくなりますよ。

譲る

友達や兄弟など、ほしいと言ってくれる人には譲りやすいですが、使用感が気になる物の場合は譲るのに気負いしますよね。押しつけにならないように気をつけたいところです。また、思いが詰まったアクセサリーをそのまま譲るのも気になるという人は、リメイクしてみるのはいかがでしょうか。リメイク専門のショップもあるので調べてみてください。他には、地元情報コミュニティの「ジモティー」で写真を掲載して譲るという方法もあります。押しつけにならないので、こちらのほうが安心して譲れるかもしれません。

売る

不要な物が売れてお金になって返ってくるのはありがたいですよね。頂き物を売ってお金を得るのは少し気が引ける人もいるかもしれませんが、ほしいと思っている人に使ってもらうことで、そのプレゼントは報われるのではないでしょうか。
捨てたり譲ったりするより、売りに出したほうが手間や気負いが少ないのでおすすめです。
売る方法について、深堀してみましょう。

  • フリマやネットオークション
    フリマアプリやネットオークションと言えば、メルカリやヤフオク、ラクマ、PayPayフリマなどたくさんあります。
    そもそもフリマアプリとネットオークションの違いは価格のつけ方に違いがありましたが、最近では同じように扱われていることが多いようです。また、フリマアプリはPC用に作られていないことから若者向けという印象があります。
    できるだけ高く売りたい場合はネットオークションに出すほうがいいでしょう。フリマアプリでは、価格を自分で決められるため、安く掲載すれば早く買い手が見つかります。できるだけ早く処分したいという人に向いていますよ。ただ、どちらも写真の掲載や情報の更新、買い手とのやり取りや梱包、配送などやることはたくさんあります。仕事や学業で忙しい方には不向きな方法です。
  • リサイクルショップ
    買取ショップへ持って行けばほとんどの物が買い取ってもらえます。値段がつけられない物はお店側で処分することも可能ですが、処分に費用が掛かる場合があるので注意しましょう。まとめて一気に売りに出しても買い取れない商品があると、結果的に小銭程度の値段にしかならない場合もあります。売れなさそうな物は事前にゴミとして処理しておくといいでしょう。
    また、リサイクルショップでは専門の鑑定士が常駐しているところは少ないため、高価なブランド品でも安く買い取られる可能性があります。高く売りたい方は専門の買取店や業者を選びましょう。
  • ネットなどのブランド買取業者・サイト
    買取業者の種類は、ブランド品専門の買取業者や、日用品やアクセサリーなども買い取ってくれる業者があります。webサイトで買い取れる種類などの表示があるので事前に確認しましょう。
    買取専門店へ売りに行くのもいいですが、最近ではネット査定ができるところが増えてきています。LINEアプリで買取店と友達登録をして、売りたい商品をスマホのカメラで撮って送るだけという優れ物。店舗で査定待ちする時間を考えると、家から出ずに手軽にできるので、忙しい人にも嬉しい機能です。
    査定金額が提示されて満足できる値段ではない場合、店舗で直接「やっぱりいいです」とは言いにくいですが、アプリのメッセージ内なら断りやすいですよね。売却を確定させると梱包用の段ボールが届くので商品を入れて送るだけで完了です。簡単で気兼ねなく売却できるのでおすすめです。

プレゼントや贈り物は手放しにくい物ではありません

プレゼントを贈ってくれた相手の気持ちや本質を考えることで、物に対する不要な執着がなくなります。
また、ちょっとした気持ちの持ち方ひとつで、物をよりよく使ってもらえるようにバトンを渡せたり、自分の気持ちの整理ができたりもします。
ずっと持ち続けることが正解ではなく、プレゼントの中にある本質と向き合って、つぎのステップへとつなげていきましょう。