Topic

結婚式の二次会で当たって欲しいゲームの景品

プレゼントに囲まれる人たち

結婚式の二次会で、幹事をするときに困ることと言えば、ゲームの景品選びではないでしょうか。
商品を考えて買い物に行ったり、ラッピングしたり、会場へ運んだりなど景品準備には手間がかかります。そんな手間な作業を代行してくれるサービスや、景品で喜ばれる商品などを紹介しています。
二次会のイベント幹事を控えている方は参考にして、ステキなイベントを作ってくださいね

選ぶコツ

賞品にメリハリをつける

商品にメリハリをつけるためには、当たりとハズレの違いをしっかり見せることが重要です。当たりの本数は少なくなっても、豪華賞品にはだれもが喜ぶ商品を選び、ハズレにはネタ系の商品や意外に使えるグッズなどを入れて、メリハリを意識して揃えましょう。
また、景品はできるだけ半分以上の参加者に行き渡る量を用意します。数名だけに豪華景品となると、もらえなかった参加者の気持ちはマイナスになってしまいます。たくさんの人に楽しんでもらうためにも、準備数は多めに設定するほうがいいでしょう。

参加者が欲しがる景品

テーマパークペアチケット

有名なテーマパークのペアチケットやフリーパスなどは、カップルに喜ばれるだけでなく、友達や家族でも楽しめるので、みんなの興味を惹ける景品です。
ディスに―ランドやディズニーシーはもちろん、ユニバーサルスタジオジャパンや、富士急ハイランド、サンリオピューロランドも人気が高くなっています。
結婚式の二次会では、その場で一緒に行く人を探したり、誘ったりなど、新しいカップル誕生かも?というワクワクの連鎖があって楽しめること間違いなしです。

ペア旅行券

温泉宿泊チケットや選べる旅行券も人気です。普段はあまり旅行に行きたいと思っても行けないという人が多いので、当たって損したと思う人はほぼいないでしょう。
金額設定されている旅行券では、テーマパークチケットに使えたりショッピングモールやデパートでも使えたりするので旅行以外にも幅広く楽しめますよ。
特定の施設を決めている旅行チケットや旅行カタログギフト、特定の場所が決まっていない旅行券などは参加者に合わせて調整するのがおすすめです。

高級食材お取り寄せ券

高級食材と言えばカニやフグ、トリュフ、キャビア、高級肉など普段はなかなか食べられない物ばかりです。手軽に取り寄せられるチケットが手に入れば、独り身の方から家族がいる方までたくさんの人に喜ばれるでしょう。
神戸牛5,000円券や松坂牛10,000円券、厳選高級食材のギフトカタログは15,000円など、金額や種類もさまざまです。ギフト券をのし袋に入れるだけだと遠くから見たときに分かりにくいので、A3のパネルに「高級食材ギフト◯円券!」などと大きく印刷して出すと会場が盛り上がりますよ。

高級美容家電

女性に喜ばれる景品があるほうがベストです。男性が当たったときにその場にいる女性にプレゼントするという紳士的なパフォーマンスができるので、男性に当たっても女性に当たってもどちらでも喜んでもらえます。
欲しい人には嬉しいけどリアル過ぎて分かりにくい美顔器より、サイズ感やパッと見で分かる加湿器やドライヤーなどが盛り上がります。物によっては男女兼用で使えるカラーの物を選ぶと良いでしょう。

飲食系ギフトカード

STARBUCKS 5,000円券やスシローお食事券、サーティーワンや叙々苑など幅広い飲食店のギフトカードがあります。ビール好きだけが喜ぶようなビール券よりは、好き嫌いが少なそうな物を選びましょう。
また、全国各地から集まっていることを考慮する必要があります。地域によっては、展開されていないチェーン店のお食事券をもらっても、使えないと盛り上がりに欠けてしまうことも。集まる人がどこから来るか把握ができない場合は、大手のギフトカードにしたり、グルメカードにしたりすると使いやすいのでおすすめです。小さな配慮ですが、選ぶときは地域などを意識して選びましょう。

生活アイテム

図書カードやQUOカードを選ぶよりは、調理器具やおそうじ用品などの生活に使える商品を選びましょう。調理器具のなかでも電子レンジで使える圧力鍋やスキレットセット、炭酸水を作るソーダストリームなどが人気です。おそうじ用品で人気なのは、充電式バスポリッシャーやおそうじロボットなど。他には、買うほどではないけどあったら嬉しいバスタオルセットや、カトラリーセットなども低単価な景品のなかでも喜ばれる商品です。

グッズギフトカード

ギフトカードと言うとハズレではないけど、景品のレベルが低くなってきたと感じ始めますが、iTunesカードやAmazonカード、Google Playカードは、意外にもらうと嬉しいと評判が高い景品です。
商品券や特定のお店のギフトカードより、スマホで使えるギフトカードやネットショップで使えるギフトのほうが使いやすいと感じる人が多いので、優先的に選ぶといいでしょう。

ペアお食事券

お食事券のなかにはランチとディナーで価格が異なります。ペア10,000円分だとランチで有名レストランを選べますが、ディナーだとお手頃なコースのなかから選ぶ感じになります。ホテルランチやディナーの他に、クルーズギフトもおすすめです。
クルーズランチやディナーの他に、ティークルーズもあります。ティークルーズはお昼すぎからサンセットまでのクルーズで、ケーキやコーヒー、紅茶などを楽しめるお手頃なギフトです。クルーズと聞くだけでテンションが上がるので景品に入れてみてはいかがでしょうか。

調理家電

生活アイテムでは調理器具を紹介しましたが、家電も喜ばれる景品のひとつ。たこ焼き器や流しそうめん器、ポップコーンメーカー、わたあめメーカーなど、少しネタにもなる調理家電が低価格でおすすめです。ポップコーンメーカーや、わたあめメーカーはその場ですぐに試してみたくなるので、会場の許可を取っておくと安心です。

スイーツ

有名店のチョコレートや、人気のスイーツはハズレでも大当たりでもない感じがちょうどいい景品です。小袋に分けられている物だと周りに配れたり、その場で食べたりできます。軽くてかさばらないので、持って帰るのに困りません。
選ぶときは生系のスイーツや要冷蔵食品は避けて探しましょう。スイーツを選ぶときに間違っても大量の駄菓子袋にしないように気をつけてください。大量のうまい棒や、駄菓子の詰め合わせ系の景品は高い確率で嫌がられます。

雑貨のカタログ式ギフト

雑貨のカタログギフトは1,200円からあります。雑貨や一部食品も載っていますが、ページ数が少ないので安く見えます。2,000円のカタログでは商品数も増えて見栄えも良くなるので、最低でも2,000円以上のカタログギフトを選びましょう。
その場で景品をもらうと持ち帰りが大変ですが、カタログなら家に帰ってからゆっくり選べて、欲しい物を探せるので、人気が高い景品です。

景品を探すならおすすめのギフトサイト

ピアリー

結婚式の二次会にピッタリのセットを用意しているピアリー。セット商品を選べるのはもちろん、パネルつき景品も用意してくれます。その場で持って帰るのが大変なイベントでは、目録として商品引換券を出すことも可能です。
目玉景品にはテーマパークチケットや人気家電、高級食材などを指定できます。その他の景品数はランク別に選べたり、セットから探したりもできるので、予算に合わせて調整しましょう。
イベント当日には、指定した会場へ景品や目録、パネルなどを届けてくれるので、商品を持ち歩くことや管理することも一切不要です。手ぶらでOKなので、幹事から手間が省けると好評価を得ています。

景品図鑑

景品図鑑では景品の選び方は基本系の3パターン、予算、景品、数量から選択します。特集セットも用意していて、時期に合わせたセットを使うのもおすすめです。
花粉症対策セットには、ジェットスチーマーや空気清浄機、布、マスク、鼻団クリーナーセレブなどが入っています。新生活セットではトースターやホットプレート、コードレスクリーナー、ドライヤー、ルンバなど、どれが当たっても嬉しいラインナップになっていますよ。
当日はパネルと目録が届きます。景品は全て後日配送という形になるので、参加者が景品を持ち返る手間が省けます。また、景品のキャッチコピーを記載したメモを作ってくれるので、幹事が景品を紹介するときにとても便利です。

二次会の虎

二次会の虎では目玉別セットや予算別セット、数量別セット、おまかせセットの他に、食品だけのセットも選べます。また、単品景品から選ぶことも可能なので、独自性のある特別なセットが作れますよ。
景品は目録やパネルにもできますが、商品に無料ラッピングをしてくれたり、持ち帰り用の紙袋を用意してくれていたり、かゆいところに手が届くサポート力です。公式サイトには、二次会で盛り上がるゲームも紹介されているので、参考にするといいでしょう。
イベント景品の代行サービスのなかで、品揃え数ナンバーワンの二次会の虎。お客さんの満足度が99.8%という実績を持っているので、迷ったら二次会の虎に依頼すると間違いないでしょう。