Topic

何でも使える!万能カタログギフト

ギフトカタログ

カタログギフトとは

なんかのお祝いやお祝い返しで、カタログギフトを受け取ったことがある人も多いと思います。
カタログギフトとは、ギフトを相手に直接贈るのではなく、贈り主が予算に合わせてカタログギフトを選び、贈られた側の人がそのカタログギフトの中から好きな商品を選んで申込んで受け取るというサービスです。
何を贈ったらいいかわからない!という悩みを解消してくれる便利なサービスであり、贈りやすい価格帯の商品も多く、人気のギフトサービスとなっています。

カタログギフトの流れと仕組み

まず、贈り主側がお祝いの目的、プレゼントする相手の好みなどを踏まえ、メーカーが用意しているカタログギフトを見て、ある程度の内容を把握します。
予算に合わせてカタログギフトの価格を決めたら、店舗やオンラインサイトで注文します。
カタログギフトを自分で贈る、あるいはメーカーから相手先に送付してもらいます。

カタログギフトを贈られた側は、好きな商品をカタログギフトの中から選び、はがきやFAX、インターネットなどからメーカーへ申込みをします。
後日その商品が先様に贈られるという仕組みになっています。

カタログギフトのメリット・デメリット

カタログギフトの最大のメリットは、カタログギフトを見ながらたくさんの商品の中から選ぶという楽しみと、その後届くまでの楽しみと二段階の楽しみ方ができることでしょう。
お祝いでもらう品がかぶることもないため、貰って困るということが発生しません。
商品だけではなく、旅行やお食事、エステ体験など、体験ギフトも選ぶことができます。
なによりカタログギフトを贈られた場合、かさばりませんので持ち帰りも楽、大きな物を選んでも宅配で後日届けてくれます。

デメリットとしては、贈り主が自分のために心を込めて選んでくれたという感じがしないこと、誰から貰ったのか記憶に残りにくいということが言えるでしょう。
年配者の場合だと、いまいち仕組みがわからず戸惑うこともあるかもしれません。
そして申込み専用はがきを無くすと再手配を依頼しなければいけないことも面倒に感じるかもしれませんね。

商品申込みには期限が設けられていますので、のんびり構えていると期限切れになる恐れがありますので注意しましょう。
カタログギフトを受け取った人のほとんどが、カタログギフトを受け取って嬉しいと感じてくれています。
アイデアが浮かばないという方は、最初からカタログギフトにしておけばお互いに良い結果となるでしょう。