Event

3月14日はホワイトデー!誰が決めたの?

ハートを持つ彼女

ホワイトデーの起源

ホワイトデー、それは男性にとって恐怖の100倍返しの日、と言えば大げさですが、お返しのプレゼントに悩む人は多いでしょう。
そもそも、ホワイトデーができた起源は何なのでしょうか?なぜバレンタインデーの1ヶ月後にお返しをする日ができたのか?
実は、ホワイトデーの起源にはいろいろな説が飛び交っています。

有力な説の1つは、福岡市の銘菓・鶴乃子で有名なお菓子屋の老舗、石村萬盛堂が考案したという説です。
1977年、バレンタインデーのお返しギフト用にと、チョコ餡入りのマシュマロが誕生し、翌年にマシュマロデーとして発信していったとのことです。
そして全国飴菓子業協同組合による「ホワイトデー公式サイト」によれば、ホワイトデーが世に誕生したのは1980年であり、1978年6月に、お返しギフトにキャンディーを贈る日であるホワイトデーとして3月14日に設定したという説です。

マシュマロ、キャンディーのどちらの説も信憑性がありますよね。
どちらも何かバレンタインデーのようなビッグイベントにできる企画をひねり出そうとして、ホワイトデーを生み出したことは間違いないわけで、ホワイトデーが定着したのは両方の努力の結果定着したと考えてよいと思います。
このことから、ホワイトデーは日本発信のイベントと考えられるのですが、実はお隣韓国や台湾でもホワイトデーの習わしがあるそうです。
韓国ではさらにひと月後、4月14日にバレンタインデー・ホワイトデーとは無縁だった、恋人がいない男女が黒い服を着て黒い麺(ジャージャー麺)を食べるというブラックデーまであるというから驚きですね!

ホワイトデーの定番ギフトの意味

ホワイトデーの定番お返しギフトには、意味があるって知ってました?
たとえば、マシュマロなら「ごめんなさい」の意味、キャンディーなら「私も好きです」、そしてクッキーなら「友達でお願いします」という意味が込められているそうです。
「去年もらったお返しにはそんな意味が…!」と悲しむ人もいるかもしれませんが、ご安心ください、これは1980年代くらいの話と言われていますので、かなり前の話です。
現代人はそんな意味があることすら知らないと思いますので、お返しをする方も貰う方もほぼ気にしなくて大丈夫です。

おすすめのギフトについて

女性がホワイトデーのお返しにもらって嬉しい物は、美味しいスイーツや可愛い小物が定番です。
ホワイトデーのお返しを期待している女性にとって、あまり見た目が地味過ぎると、貰った瞬間のテンションが落ちてしまうため、見た目が可愛いということは重要視した方が賢明です。
気持ちが込められていればなんでもいい、というのは勝手な妄想ですので、ホワイトデーのお返しが必要なハッピーな男性陣は注意してくださいね!