Event

父の日の由来や起源はいつ?日本と世界の違い

働く父親の背中

父の日とは?父の日の由来・起源

父の日はいつかすぐに言えますか?そうですね、6月の第3日曜日が「父の日」として制定されています。
いつも家族のために頑張ってくれているお父さんに、感謝の気持ちを伝える日としてねぎらったり、ギフトを贈ったりするのが一般的です。
父の日が誕生したのは1909年のワシントン州のこと。
すでに母の日が誕生していた当時、ソナラ・ドッドという女性が、母の日があるのだから父の日もあって当然だと声をあげたことがきっかけとされています。

ソナラ・ドットの父親は、妻をなくした後、男手1つで彼女を含む6人の子供を育ててくれた張本人であり、そんな父親を讃えるために嘆願したのでした。
ソナラの父親が6月生まれということもあり、1909年の6月の第3日曜日である19日に教会の牧師にお願いして父の日を祝う最初の祝典が行われました。
これが父の日の由来となり、ワシントン州で6月の第3日曜日を父の日と定め、実際にアメリカの祝日となるのは1972年ともっと後のことです。

世界の父の日について

父の日が誕生したアメリカでは、毎年カードとともにバラの花を贈る習慣がありますが、基本的に家族一緒に過ごすことを大切にしているようです。
ドイツでは、5月にあるキリスト昇天祭とともに父の日を祝い、お父さんたちが集って外でお酒を飲んだりグループで楽しく盛り上がる日となっています。
イギリスのお父さんの場合はイクメンが多いため、そんなお父さんに子供たちが感謝の気持ちを伝える日となっています。
イタリアの父の日は6月ではなく、イエス・キリストの養父であるサン・ジュゼッペの祝日、3月19日に制定されています。

イタリアのジェノバでは、イタリアの揚げ菓子のゼッポレを食べて祝うそうです。
お隣韓国にもありますが、日にちは5月8日になり、「オボイナル」と呼ばれるこの日は父と母の両方に感謝をする日になります。
これは儒教の教えに根ざすものとされ、お花を贈る場合もあれば、商品券、電化製品など高額商品を贈ることもあるそうですよ。

おすすめのギフトについて

父の日前になると、お店やネット通販では、父の日用おすすめギフトがずらりと勢揃いしますね。
おすすめの商品として、やはり上位にランクインするのは「お酒」でしょう!
ビールや日本酒、焼酎、ウイスキーなど、お父さんが大好きなお酒を贈る人が多いようです。

また、財布や腕時計、バッグなどの男性小物も定番人気の商品です。
衣類の場合は父の日が初夏にあるということで、甚平や浴衣だったりインナー、ポロシャツ、下着などの洋服も実用的で地味に人気があります。
お父さんが好きそうなカッコいい文房具も人気で、ブランドの高級ボールペンやシャーペン、万年筆などがおすすめです。