Event

年末のご挨拶!お歳暮の送り方とマナーについて

お歳暮のハムとウィンナー

お歳暮とは

歳暮とは本来「年末」を意味する言葉であり、古く日本では歳暮の時期に祭り事として神様へ供え物をする習慣があったため、時期を表す言葉と、風習そのものがいつの間にか一体化してできた風習と考えられています。
その風習が現代まで受け継がれ、年末にお世話になった方々へ挨拶回りを行うことに繋がり、今の形に落ち着いたのでしょう。
以前は直接伺って挨拶回りをするのが一般的でしたが、近年は宅配などを利用して贈ることが主流となっています。

贈る相手について

お歳暮は、この人に絶対贈らなければいけないという決まり事はありません。
あなたが感謝の気持ちを伝えたいと思う相手にお歳暮を送れば大変喜ばれることでしょう。
ただし、1年だけ送って、次の年には送らないというのは失礼にあたる場合があるため、付き合いがなくなったなどの場合を除き、一度贈ると次の年も贈ることになることを踏まえてお歳暮をどうするか検討してくださいね!

会社単位で取引先に贈る場合、お歳暮制度を禁止している企業もありますので注意しましょう。
個人の場合では、親や上司、恩師や仲人という繋がりのある方に贈ります。
お世話になっている人なら、友人や知人に贈る場合もあるでしょう。
学校の先生も、受け取らない主義の方が多いため、贈って失礼にあたらないかの確認をしておきましょう。

お歳暮を贈る時期

はじめに紹介したように、本来「歳暮」とは年末を意味していますので、12月中旬に贈ることがマナーとなっていましたが、近年少しずつ前倒しになっていて、11月下旬に贈るケースもあるようです。
地域的にもお歳暮の時期に違いがあり、関東と関西では関東の方が少し早いようですね。
なお、12月20日までに間に合わなかった時でも、次の1年まで待つ必要はなく、年内に届くようなら特に問題はありませんので心配無用です。
年を越してしまう場合には「お歳暮」ではなく、「お年賀」として関東では1月7日までに、関西ではもう少し長く1月15日までに贈りましょう。

おすすめギフトについて

以前のお歳暮の定番ギフトには、お正月に食べる用の「数の子」や「新巻鮭」が人気で、年末近くに届くように手配していました。
近年はそういったおめでたい食材にこだわらず、カニや牡蠣などの冬の味覚を満喫する「豪華海鮮セット詰め合わせ」や鍋の具材がすべて揃った「鍋セット」、高級ハム・ソーセージなども高い人気を誇っています。
お酒好きな方には日本酒やビールも定番人気ですし、お風呂に入れて温まる入浴剤も冬ならではといったおすすめギフトになりますね。
甘いもの好きな方やお子さんがいる場合はチョコレートやお菓子の詰め合わせも喜ばれますね。