Event

これでバッチリ!お中元の基本とマナーについて

民家の門

お中元とは

お中元は、上半期の区切りである7~8月頃に、お世話になっている方に感謝の気持ちを伝えるために贈るギフトです。
また、今後ともよろしくお願い致します、というご挨拶の意味も含まれています。
もともとの由来は中国から伝わった1月15日(上元)、7月15日(中元)、10月15日(下元)という風習にあります。
その中の祖先の供養を行う「中元」が日本に伝わって、お盆の時期にあたることから感謝の気持ちと挨拶の意味を込めてギフトを贈る日として定着したのだそうです。

お歳暮との違い

よくお中元とお歳暮がこんがらがる人がいますよね。
どちらも感謝の気持ちやご挨拶の意味があるのは同じですが、お中元は「上半期」の感謝の気持ちを贈る習慣で、お歳暮は「一年」の感謝の気持ちを込めて贈るものです。

お中元とお歳暮は本来、対として両方贈ることが基本とされていましたが、一方だけを贈ることもあり、その場合は一年間の総まとめということで、お歳暮を優先します。
もちろん、上半期と一年間では期間が長くなるお歳暮の方が高額なギフトを贈る傾向が強いです。
わかりやすく覚えるなら、夏に贈るギフトが「お中元」で、冬に贈るギフトが「お歳暮」としておけば簡単でしょう。

贈る相手について

お中元を贈るのは、目下の人から目上の人であることがマナーとなっています。
仕事の取引先などのお付き合いがある人、職場の上司などの目上の人に贈る物というのが一般的ですが、恩師や遠く離れた家族にも、同じように感謝の気持ちを込めて贈ったり、友人に贈るケースも多いようです。
また、結婚して実家を離れた夫婦が、お互いの実家に贈ることもよくありますね。
なお、お中元のやりとりは、公務員や民間企業の一部では禁止されていることもありますので注意しましょう。

お中元を贈る時期

気になるお中元を贈る時期ですが、夏に贈ると説明したものの、実際には地域によって微妙に時期が異なります。
北海道では7月中旬から8月15日まで、東北や関東地方では7月初旬から7月15日まで、北陸は7月前半の地域もあれば、7月後半から8月15日までとする地域もあるようです。
東海・関西・中国・四国地方の場合、7月の中旬くらいから8月15日まで、九州はかなり遅くて8月1日から15日くらいまでが目安です。
沖縄ではお盆を旧暦にお祝いを行うため、旧暦の7月15日までに贈ることがマナーです。

おすすめギフトについて

お中元に喜ばれるおすすめギフトには、見た目も触感も夏にひんやり、アイスクリームやゼリーなどの冷菓が人気です。
また、贈り物として定番人気である最高級和牛の詰め合わせセットなどもおすすめです。
夏といえば!ビールセットも外せませんよね、お酒好きなあの方へ、感謝の気持ちを込めて飲み比べセットなどはいかがでしょうか。
小さいお子さんがいるご家庭なら、ジュースの詰め合わせも喜ばれるでしょう。