Event

敬老の日って何歳からお祝いするもの?

ベンチに腰掛ける老夫婦

敬老の日の起源・由来

敬老の日は1947年9月15日、戦争が終結してすぐの頃に兵庫県多可郡野間谷村にて開催された敬老会「としよりの日」が起源とされています。
としよりの日が行われて以降、その催しが全国に広まったことで、「老人の日」と名前を変え、現在の国民の祝日である「敬老の日」に制定されたのは1965年のことです。
なお、毎年9月15日が敬老の日と制定されたのですが、日付に関しては祝日法により9月の第3月曜日に変更になりました。
9月15日が選ばれた理由は定かではありませんが、聖徳太子が身寄りのない高齢者のために悲田院という施設を建てたとされる9月15日に由来していると考えられています。

贈る相手の年齢について

近年、高齢者と言っても何歳からなのか、ボーダーラインが分からなくなっていますね。
それほど見た目にも精神的にも若々しい方が増えているということなのですが、敬老の日にギフトを贈る年齢の目安は、65歳からとなっています。
祝日法によれば、敬老の日の定義を、長年に渡って社会に貢献された老人に敬意を払い、長寿であることを祝う日と定めています。
つまり決まった年齢はないことになり、何歳から祝うかはそれぞれ自由ということになります。

敬老の日を祝われることを不本意に感じる方もいるでしょうし、なかなか難しいところではありますが、あえてラインを引くとすれば、法令で定めている65歳以上から、敬老の日ギフトを贈る対象と考えてよいと思います。
ただし、お孫さんからおじいちゃん、おばあちゃんに贈るというのであれば、年齢よりも家族間の関係性が大切となりますので、特に年齢を気にする必要はないでしょう。

おすすめギフトについて

敬老の日のギフトは、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えるとともに、これからも元気で長生きしてねという願いを込めて贈るものです。
おじいちゃんとおばあちゃんでは好みが分かれますので、別々に紹介しましょう。

まずおじいちゃん編ですが、おすすめギフト第1位は「お酒」です。
次に「洋服や装飾品」となっていますので、洋服や身につけることができる装飾雑貨などがおすすめです。
他には、「孫の写真付きメッセージカード」や「孫がくれた絵」など、お孫さん関連のギフトも喜ばれるようですね。

ではおばあちゃん編はどうかというと、第1位は女性らしく「花」という意見が多かったようです。
次におじいちゃんと同じく「孫がくれるカードや手紙」や「孫が来てくれること」がランクイン!
第3位に「和菓子」という結果ですので、どんな高いプレゼントよりも、お孫さんを連れておじいちゃん、おばあちゃんに顔を見せに行くことが一番のギフトになるのではないでしょうか。
敬老の日のギフトの参考にぜひ役立ててくださいね。