Event

5月の第2日曜日は母の日!定番プレゼントはなぜカーネーション?

母の日のギフト

母の日とは?カーネーションを贈る理由

母の日が5月の第2日曜日であることはみなさんご存知だと思いますが、では母の日の起源について知っている方はどれほどおられるでしょう。
実はコレ!と明確な起源はわかっておらず、いろいろな説があるそうですが、有力な説として知られているのが、アメリカのウェストバージニア州に110年程前に誕生したという説です。

1907年5月12日のフィラデルフィアの教会で、アンナ・ジャービスという女の人が、亡くなった母親アン・ジャービスを追悼するために、母親が好きだった白いカーネーションを参加者に配ったことに由来しているというものです。
1910年にはウェストバージニア州知事によって、母の日が5月第2日曜日と定められたことで、徐々にアメリカ全土へと浸透していきます。
1914年にはこの日がアメリカの正式な「母の日」として制定されました。
日本にはその翌年、1915年には伝わったとされ、明治末期あたりに、教会で母の日を祝うイベントが開催されて以来、日本の習慣としてじわじわと定着したと言われているそうです。

カーネーションの花言葉について

母の日の起源となったカーネーションは白色でしたが、現代社会のおける母の日のカーネーションは、赤色が定番色となっています。
明治末期から大正時代にかけて日本に伝わり、1915年に教会でのイベントが催されたことが母の日の始まりとされています。
母の日のギフト、赤いカーネーションの花言葉は、「母への愛」や「純粋の愛」、「母の愛」、「真実の愛」などがあります。
母、愛といった直接心に響く、ストレートな表現が詰まった花言葉と言えますね。

ちなみに母の日の由来とされる、初めて配られた白いカーネーションの場合は、「尊敬」、「私の愛情は生きている」という花言葉になります。
可愛いピンク色を贈るケースも多くなっていますが、ピンク色のカーネーションの花言葉には、「感謝」や「気品」のほか「美しい仕草」、「温かい心」という、母親に贈るのにふさわしい花言葉になっています。

おすすめギフトについて

母の日には、カーネーションにプラス、母親が喜ぶギフトを贈りましょう。
母の日おすすめギフトとして、甘い物に目がないお母さんなら和・洋のスイーツ盛り合わせや美顔器など、母親が自分ではあまり買わないような、少し贅沢なテイストを持つギフトが喜ばれるでしょう。
ずっと母の日の感謝が伝わるように、お花をドライフラワーにしてみたり、小物や雑貨とお花をセットするというのもオシャレですね。
また、究極の選択としては、自分で選ぶなら間違いないだろうということで、カタログギフトを喜ぶ人もいます。

母の日プレゼントに悩んでいる人は、ネットサイトの特別企画をチェックしてみましょう。
母の日特集がありますので、ギフトにぴったりな商品が見つかる可能性があります。