Anniversary

大学の卒業祝いにピッタリのプレゼント

高そうな腕時計

卒業祝いとは

卒業祝いとは、学校を卒業する時に贈るお祝いのことを指します。
一般的に卒業祝いと入学祝いや就職祝いと重なった場合、優先するのは入学祝い・就職祝いと言われていますが、特にルールがあるわけではありません。
どちらも祝ってあげたいという気持ちがあれば、両方お祝いしてあげても何ら問題はありません。

贈る相手について

卒業祝いは入学祝い同様、身内だけのお祝いとなるため、贈る相手は孫や甥・姪、親戚の子どもになります。
友人や知り合いの子どもの卒業時には、特に贈る必要はありませんので、言葉でお祝いを伝えてあげましょう。
卒業祝いを渡すタイミングは、卒業式が終わった直後から1週間以内がベストとされています。
時期を逃してしまうと入学祝いになってしまう可能性がありますので、卒業予定の親戚がいる場合は事前に準備をしておくことをおすすめします。

卒業祝いの相場

卒業祝いの相場は、贈る相手とあなたとの関係性と、相手の年齢がいくつかによって変動します。
血縁関係が近いほど高くなり、また年齢が上であるほど高くなります。
大学卒業の場合、おじいさん、おばあさんが孫に贈るお祝いの相場は10,000円から50,000円くらいで、おじやおばであれば甥姪に贈るなら10,000円が相場となります。
それ以外の少し遠い親戚や友人の子どもの場合は、3,000円から5,000円程度と覚えておきましょう。

おすすめのギフトについて

卒業祝いに喜ばれるギフトは、やはり卒業後の新生活で活躍するものが良いでしょう。
卒業後はいろいろと物入りになるため、現金や商品券、図書カードなどもおすすめです。
それでは味気ない、プレゼントを贈りたいという場合は、贈る相手の年齢に合わせたギフトを選択するようにしてください。

小学校の卒業祝いでは、中学生生活を始めるにあたり腕時計や定期入れ、文房具、財布などが定番です。
中学校の場合は、電子辞書や辞書、腕時計、名前入りボールペン、革靴などもよいでしょう。
高校生の卒業祝いになると、大学進学するなら新生活に役立つ物を、就職する場合にはスーツや財布、革靴などが喜ばれるでしょう。

大学卒業の場合は、社会人として必要なアイテムがおすすめですね。
ハイブランドの腕時計やボールペン、本皮の定期入れや財布、キーケース、社会人らしくネクタイやネクタイピンも定番となっています。
人それぞれ欲しい物、好みもありますので、相手が欲しい物が聞き出せるようであれば、本人が望むものを叶えてあげることが最も喜ばれると思いますよ。