Anniversary

出産祝いの金額相場やプレゼント、選び方

祝儀袋

出産祝いとは

嬉しい出産のお知らせを受け取ったら、パパとママになった2人への出産祝いを準備しましょう。
本来出産祝いとは、実家から祝い着が贈られたり、名付け親から名を記したものを鯉や鯛とともに贈られるなど、生まれた赤ちゃんが無事に成長することを祈るための儀式でした。
衛生管理や栄養事情が変化した現代では、どちらかと言えば赤ちゃんの誕生を祝い、成長を喜ぶ意味合いが強くなっているようです。

基本的に、出産祝いは退院してから生後7日目となる命名日のお七夜から、お宮参りまでの生後1ヶ月までに贈ることがマナーと言われています。
出産してすぐに赤ちゃんに会いたいと思う気持ちもわかります。
ですが、出産直後のお母さんは体力が弱っていることもありますので、回復を待って退院後、お母さんも赤ちゃんも落ち着くタイミングの2~3週間後くらいに訪問、または配送で贈るようにしましょう。

金額相場

出産祝いの金額相場は、関係性によって変わってきます。
友人・知人であれば3,000~10,000円程度が目安で、日頃お世話になっている相手であれば10,000円程度、時々会う程度の仲なら3,000~5,000円程度と考えておくとよいでしょう。

上司や同僚といった職場で出産祝いを贈る場合、部署としてまとめるなら1人500~1,000円程度を出しあって贈ります。
個人的に贈る場合、上司なら5,000~10,000円、同僚なら3,000~5,000円くらいが目安となります。
家族や親族の場合の出産祝いは10,000~30,000円が相場と言われていますが、身内なら何が欲しいか聞きやすいので、可能であれば欲しいものを贈るようにしましょう。

出産祝いの選び方

出産祝いのプレゼントの選び方として、赤ちゃんに必要となる実用的なものが好まれるようです。
例えばベビーウェアやおむつケーキ、タオルやスタイなどがおすすめです。
これらは消耗品だったりすぐに汚れる物となるため、いくつあっても重宝します。
お値段も選べますし、誰かとかぶったとしても問題がないところも選ばれる理由でしょう。

また、パパとママに自分たちで選んでもらうカタログギフトも近年では定番となっていますね。
カタログギフトは価格帯の種類も豊富ですし、なにより2人が本当に欲しい物を選ぶことができるところが大きな魅力です。
職場で上司や目上の方に贈る場合には、あまりかさばらない物、持ち帰りがしやすいサイズであることも考慮する必要がありますので注意しましょう。

出産祝いで避けるべき商品

決まりごととしてタブーがあるわけではありませんが、日本茶のように弔事で用いられるものや、縁を切ることを連想させる刃物類などは避けた方がいいでしょうね。
また、ベビーカーなどの大型アイテムは、かぶると邪魔になるだけですし、最近ではレンタルを利用する方もいますので、事前に相手に確認をとるようにしましょう。