Anniversary

入学祝いは何を贈れるのがいい?

楽し気な風船

入学祝いとは

「入学祝い」とは、入学したことを祝って現金やギフトを贈るお祝いのことを言います。
入学祝いと一口に言っても、小学校から中学校、高校、大学、専門学校といろいろな入学の段階がありますね。
段階が変われば、当然ながら年齢も変わりますので、入学祝いの内容をどうしたらいいか迷うところです。
入学や入園が決まったら、すぐに準備しておきたい入学祝いについて、マナー違反にならないように一般常識程度には理解しておきましょう。

贈る相手について

この入学祝いは、基本的に身内だけでお祝いする慶事となりますので、贈る相手は甥・姪、親戚の子どもが対象となります。
もちろん、親友の子どもなど、お祝いしたい相手がいれば贈っても何の問題もありません。
入学祝いを贈るタイミング、以外に難しいですよね。
入学祝いのマナーとしては、入学が決まってから、入学式を迎える2~3週間前には贈っておきたいところですが、遅くなった場合でも、入学式の1週間前には届くように手配しましょう。

入学祝いの相場

さて、最も気になる入学祝いの相場ですが、贈る相手との関係性と入学先によって変わってきます。
基本的には5,000円から10,000円程度が相場と言われていて、関係が近くなるほど、相手の年齢が大きくなるほど相場も上がっていきます。

祖父母が孫に対して入学祝いを贈るケースが多いと思いますが、幼稚園と高等学校、そして大学入学には10,000円程、小・中学校は少し高くなる傾向があるため、小学校の場合は20,000円、中学校になると30,000円が相場となります。
おじやおばの立場から、甥・姪に入学祝いを贈る場合には、ほぼ一律10,000円と見ておけばよいでしょう。
親友の子どもが対象の場合、幼稚園なら3,000円から5,000円程、それ以外の進学時には5,000円から10,000円くらいとなります。

入学祝いにプレゼントを贈る場合、新しい学校生活を始めるためにあると嬉しいアイテムを選びましょう。
例えば幼稚園であれば「名前スタンプセット」など、いちいち名前を書かずに済む便利グッズが人気です。
他にクレヨンや色鉛筆のような文房具、長靴、タオル、ハンカチなどが定番のプレゼントです。

小学校ではランドセルや学習机、地球儀など、中学校・高等学校では電子辞書や腕時計、名前入りのボールペン、財布などがおすすめです。
大学や専門学校になると、一人暮らしグッズ、あるいは実家通いであればスーツや靴などが定番人気です。

入学祝いのお返しについて

入学祝いのお返しは、基本的に不要となっています。
もちろんお返しがNGというわけではないため、お返ししたいと思うなら、入学内祝いとしてお返しすれば大丈夫です。
入学祝いを受け取ったら、すぐにお礼の電話やお礼状を送ることがマナーです。
また、子ども本人からもちゃんとお礼を伝えることも忘れないようにしましょう。