Anniversary

本当に喜ばれる結婚祝いのプレゼントと選び方

結婚指輪

結婚祝いとは

結婚が決まったカップル、または結婚したカップルに贈るお祝いのプレゼントを結婚祝いと言います。
結婚式には出席できないからプレゼントくらいは贈りたい、または、結婚式に出席するけど親友として何かプレゼントしたいという場合には、心から喜んでもらえるような結婚祝いのプレゼントを贈りましょう。
なお、お祝いがご祝儀に含まれますので、結婚披露宴に出席する場合には、本来プレゼントを別に贈る必要はありません。

金額相場

結婚祝いの金額は、贈る相手とあなたとの関係性でだいたいの相場が決まってきます。
また、結婚披露宴の出席・欠席でも金額が変動しますので確認しておいてくださいね。

まずは出席の場合の相場は、相手が友人や同僚なら3,000円~10,000円、上司や目上の人・部下や目下の人で3,000円~5,000円、あなたの兄弟姉妹・親戚なら10,000円~30,000円となります。
欠席の場合は出席よりも相場が高くなります。
相手が友人や同僚なら10,000円~20,000円で、上司や目上の人・部下や目下の人なら3,000円~20,000円となり、あなたの兄弟姉妹・親戚の場合で30,000円からという相場です。

なお、あなたがすでに既婚者で、あなたの結婚式の時にその相手から結婚祝いをプレゼントされている場合には、そのお祝いに相当する額をお祝いとしてプレゼントするのが基本的マナーとなります。
あまりにも豪華過ぎる結婚祝いのプレゼントは、逆に相手に気を使わせてしまいます。
これから幸せな家庭を築こうとしている2人が、心から喜んでくれるようなプレゼントを贈りたいものですね。

結婚祝いの選び方

結婚祝いのプレゼントには何を贈れば喜ばれるでしょうか。
考え方としては、2人で使える物、2人のこれからの新生活を応援するような物、あるいは2人の共通の趣味に似合うような物から選ぶと失敗しません。
2人で使える物とは、代表的なプレゼントに「夫婦箸」「ペア食器」などがおすすめです。

新婚生活は物入りですので、出費もバカになりませんよね。
そんな2人を応援できる物として、実用性が高くお洒落なキッチン用品や家電用品などがおすすめです。
「コーヒーメーカー」や「お掃除ロボット」など、あると嬉しくなるような、家事の負担を軽くしてくれる物が良いでしょう。
共通の趣味の物なら、お酒好きなら「ビアサーバー」や「ワイングラス」、同じスポーツをされているなら、それにまつわるペアアイテムなどもいいでしょう。

結婚祝いで避けるべき商品

2人の門出を祝うための結婚祝いには、縁起が悪いとされる物を贈るのはNGです。
意外なアイテムもありますので、必ず事前にチェックしておきましょう。
ハンカチも実はNGアイテムの1つで、「手巾(てぎれ)」ということで別れをイメージさせることから敬遠されています。
はさみや刃物は「縁が切れる」ということでやはりNG、なんと日本茶も香典返しなどによく用いられることからふさわしくないとされているようです。